2016年09月29日

【 沸騰せねば 】

IMG_8473.JPG

今年最も泣いたかも知れない
posted by 斎藤の工 at 15:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 聖人 】

IMG_8493.JPG


松ケン 東出君 の入魂

素晴らしかった
posted by 斎藤の工 at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

【 熱血街頭 】

FullSizeRender.jpg

Go to Asia
posted by 斎藤の工 at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

【 天声人語 】

IMG_8460.JPG

時折
図ったかの如く救い出して下さる

同時に
本当の事を告げて下さる

ユーモアに包まれた言葉に乗せて
posted by 斎藤の工 at 11:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

【 東の狼 】

IMG_8479.JPG

藤竜也さんの徹底的で圧倒的な存在の仕方

東吉野村の広大な自然

それを
キューバのカルロス.M.キンテラ監督が切り撮る

もう何度か観なくてはならない作品


なら国際2016にて
posted by 斎藤の工 at 23:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 Groundhog Day】

IMG_8477.JPG

これぞ傑作

我々はいつも
同じ(様な)毎日との戦い
posted by 斎藤の工 at 23:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

【 運命に、似た恋 】

IMG_8454.JPG


NHKにて
今宵22時より
posted by 斎藤の工 at 19:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

【 矢崎監督の心の襞 】

IMG_8417.JPG

ロシアで奏で響いた『無伴奏』

矢崎監督
受賞御目出度う御座います
posted by 斎藤の工 at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

【 BTTFの原点 】

IMG_8394.JPG

稀に観直したくなる
ゼメキスの源流作
posted by 斎藤の工 at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

【 大きな船 】

IMG_8391.JPG


あの時の瞬間・空間・繋がりが

瑞々しく蘇る



2016.10.8 より公開
posted by 斎藤の工 at 13:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

【 マイケル 冬 ズボン 】

IMG_8375.JPG


この二人
このシリーズ

最高
posted by 斎藤の工 at 11:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 仏侍 】

IMG_8374.JPG

全てが美しい絵のごとく
posted by 斎藤の工 at 07:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

【GOMA 光 BEAT 】

IMG_8329.JPG

GOMAさんのLIVEを体感する度に
心身の芯に響く音が聴こえる
聴こえると言うか
それを受け取り 共鳴する感じ

人は響く 反響する

表現とは
そうあるべきと
言葉じゃなく教えられる

表層的なものに
とらわれず支配されずに
芯に 幹に 届かせる”何か”


あゝ
浄化されました
posted by 斎藤の工 at 00:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

【 映画=総合芸術 】

IMG_8313.JPG


芸術は、飾りではない。

敵に立ち向かうための武器なのだ。

ーパブロ・ピカソ
posted by 斎藤の工 at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 from Ireland 】

IMG_8281.JPG

アイルランドの文化は
何処か懐かしいモノがある

深く 美しい物語


『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』
posted by 斎藤の工 at 22:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

【 スコリモフスキ 】

IMG_8229.JPG

スコリモフスキ作品にはいつも
なんとも絶妙なタイミングで出逢ってしまう

感覚の感化

そしてその後押しをするのも
いつも井口昇監督である


喰らった
posted by 斎藤の工 at 22:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする