2017年03月27日

【 阪本号に乗って 】



高崎映画祭にて

『団地』による 頂き物

寄贈されるのが高崎名物達磨なのも素敵だ
(夕張では石炭で出来たトロフィーだった)

監督がサプライズ来場され 一瞬 頭真っ白になる

阪本順治作品に参加し
果てには映画の聖地高崎に連れてきて貰えた事
かつての映画少年の自分に教えたい
いや 教えたくない

阪本さんはスピーチでcinéma birdにも触れて下さった

ことごとく粋な方である


助演女優賞を受賞された りりィさん

りりィさんにしか放てない光 色彩 
作品に対する佇まい 漂い方 憧れでしかない
唯一無二
これからもずっと

岩井監督の手紙
筒井さんのスピーチで泣きそうになり

打ち上げで
りりィさんの御子息JUONさんの
お母さんに捧げた楽曲の歌唱を聴き泣いた


ご来場の方々
映画祭関係各位の方々に感謝


心が沢山動いた一日の記憶 記録







FullSizeRender.jpg
posted by 斎藤の工 at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする